栄養・睡眠・排便・運動とストレスは健康の基本!?誰でも知っているけどできないよな。からの院長のつぶやき

金沢市太陽が丘 輝く女性のためのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。今朝は岐阜県・長野県で大雨特別警報が出ました。各地で大雨による災害で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々の1日も早い復旧を願っています。

今日は私が日頃感じていることをツラツラ書きます。これは自分の経験談です。

栄養・睡眠・排便・運動とストレスは健康の基本

栄養・睡眠・排便・運動とストレスは個人差はありますが多くても少なくても良くありません。

鍼灸師は施術前に問診で細かく聞いていきます。自分では普通と思っていても、それって本当に普通ですか?と思うことが結構あります。ずっとそうだからが自分にとっての普通になっています。

そんなこと言われなくてもわかっているわよ!そういった自分の心の声が聞こえてきます。

じゃ、なんでできないのかな?

・・・・・

大切さはわかっているよね?

・・・・・だって・・・・

結局そこなんだよね?

・・・・ごめん自分・・・

動けるうちは気づいていても気づかないようにしている

なんだかおかしい?でも、まだ大丈夫。動けるから。

・・・・結構まわりのために無理してると思うよ・・・・

痛いよ。でもまだ大丈夫。また薬を飲めば痛みは治るから。

・・・・それは本当に治ったのかな・・・・

本当は気づいているんです。でも気づくと困るんです。何が困るのか?だから気づかないようにしている。

自分とつながっていないね

私が鍼灸院に通っていた時、メンテナンスも含めて月経の前後2回としんどい時の定期的に毎月2〜3回、会社の近くだったこともあってお昼休み時間にいったこともあります。

自分が自分とつながっていないと見えないしわからないんだと思います。そんな時は誰かに冷静に客観的に診てもらうことが良かったんだと思います。

先生!今日は調子いいんですよ!どうですか?そうでしょ?

鍼灸先生(女性)

あのね、結構大変な状態だよ。

まあ、いつも毎回こんな感じでした。自分の身体の状態がわかっていないのです。

自分は子宮腺筋症という病気になり、治療のために病院と鍼灸を併用していました。

鍼灸先生(女性)

子宮腺筋症ってすごい痛いらしいですね。

痛みですか?まあ毎月月経の時は痛み止めを一日何錠も飲んでいて頭痛も酷かったですけど

毎月のことなのでそれが普通だと思っていました。

鍼灸先生(女性)

あのね、月経って痛くないのが普通なんだよ。

!!!!!!!!はじめて知りました!!!!!!(目からウロコがポロッ)

鍼灸先生(女性)

いろんな原因があるけど気血(大まかに血流)が滞ると、女性は子宮筋腫(良性腫瘍)や子宮の病気になりやすいよ。気血の巡りがいいと身体の調子も良くなるからね。

少し時間がかかるけど続けれは必ず治るから。

先生のいうことをしっかり守って通院していたのは、劇的に良くなるわけではなかったけど鍼灸治療後のすっきりして視界がぱあっと明るくなり身体が軽くなる感覚が心地よかったから。

あと鍼灸の先生が若くて美人ってのもあったけど、いつも元気でニコニコしていたことも良かった。

その先生は、私が良くなった頃に大阪の不妊専門クリニックに移ってしまったのだけど。私が鍼灸師を目指そうと思っていることも相談したし応援してくれた。

人との出会いもまた大切なご縁なのだと思います。

病気になって気づかせてくれてありがとう

自分の身体大切に無理しないでしてくださいと言っても伝わりません。みんな無理していると思っていないから。

子宮全摘と言われたけど、お薬と鍼灸で良くなりました。

今までいろいろ頑張りすぎてた自分を省みることができました。病気や怪我をして改めて自分自身と繋がることができたと思います。

それまでは、見えていなかった自分自身やまわりのこと。そしてカラダとココロのこと。健康は当たり前ではないこと。

頑張っている女性がたくさんいます

女性は大体12歳(小5)で月経が始まるとすると50才までの閉経まで約456回月経があります(妊娠出産があると減ります)毎月ホルモンバランスで体調が変動します。

部活や勉強、社会に出て働く、結婚して家事、妊娠出産して育児、どんどん人生のステージが変わっていきます。

みんな一生懸命頑張っています。楽しんでいます。悩んでいます。苦しんでいます。輝いて生きています。

自分に必要なこと

今はインターネットでいろんなことを知るとこができます。自分で気がついて探しに行けばたくさんの答えを教えてくれます。知識はいろんなところに溢れるほどあります。

本当に自分に必要なこと?必要なことはいいことも悪いこともやってきます。いいとか悪いとかいうことも誰か(自分)の基準です。きっとどちらも必要なんですね。

それは、やって見ればわかるでしょう。

私に何ができるのか?

私には何もできません。私ができたのは49才で鍼灸専門学校夜間部に入学して、人生で一番勉強して鍼灸の国家資格を取ったこと。

勉強に関しては、高校へはバレーボールをするために入学し、高校生活は年に2日しか休みがないバレー漬けの寮生活だったので、そもそも勉強をやったことがない。どうやって勉強すればいいのか?さっぱりわからなかった。

夜間の学生5人にうち3人が一年でみんな退学して、残りの2年間はほぼ1人きり(もう1人は仕事もあってこないもしくは遅刻)でポツンと授業を受けていたこと。

そんな状態にいつも学校の年寄り先生に「島田さんはどこでももう大丈夫」と言われたけど「国家試験は合格しないと!ただの東洋医学に詳しい人になるから」と授業だけは真面目に受けてた日がフラッシュバックする。

私がここにいるだけでは誰も元気になれず健康に不安を感じ、痛みから解放されないのです。ちまたでは人は存在することだけで素晴らしくて価値があるということですが。

やっぱり私を知ってもらい、鍼灸を知ってもらうことを発信する

発信と入力したら「発疹」と変換されます。発信がまだまだ足りないようです。

発疹とは、皮膚に現れるかゆみや水疱、吹き出物のことをいいます。 皮膚そのものの病気や皮膚以外の病気、心の病気、薬によるものなど、その原因はさまざまです。

金沢ブログ会に入って良かったとおもいます。私に足りないもの発信力。

私はここにいるよ。それだけここから発信しています。

そして鍼灸を知ってください。私を知ってください。そして私にあなたの身体を診せてください。

あなたの健康に痛みに悩みに役立てるように一生懸命勉強も技術も磨いています。

どうぞエクラにおいでください。伺うこともできます。

金沢ブログ会主催のさわ子さん、全メンバーを紹介してくれたみわちゃんに感謝です。

いろんな人に支えられています。ありがとうございます。

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら