郡上八幡 養蚕お手伝いの後は星宮神社とお抹茶処「宗祇庵」(1)

岐阜県郡上市で助産師さんで鍼灸師さんで養蚕家reiwa silk Japan 代表 加藤祐里さんのところに養蚕のお手伝いに行ってきました。祐里さんは桑畑や木綿を育て、養蚕し、繭から絹糸を紡ぎ、今年はとうとう織りまで。

3年前に廃業した郡上市最後の養蚕農家の小屋に、カイコのクワの葉を「はむ」音が再び戻ってきた。世話をするのは、自然の恵みを生かした手仕事の文化を守り継ごうとする女性たち。経済合理性では説明できない豊かさとは何かを問いかけながら、郡上産の衣作りに励んでいる。新聞より抜粋

立ち上がったのは郡上の女性たち。お金ではない子供達に残したい伝えたい豊かさを100年後も繋げるために。

この度はreiwa silk Japan「白い風のショール」をお買い上げくださり、ありがとうございます。私たちは岐阜県郡上市で養蚕をしています。日本の絹文化を次世代に残すために郡上の自然環境を守って自分達らしい暮らしを大切にした物作りを目指しています。マヤ暦では「白い風」には「伝える」というテーマがあります。このショールをお使いいただく皆さんにもメッセンジャーとして日本文化の良さを伝えてくださることを願っています。ーreiwa silk Japan代表 加藤祐里ー

糸を吐く前のモチモチプリプリのお蚕さんたちは桑の葉を「はむはむはむ・・・」音を立てて食べますよ。

去年はまだ糸を吐く前のお蚕さんだったので、桑の葉をあげたりさせてもらいましたが、今年は糸を吐いて繭を作っている最中でした。

約1ヶ月の間3時間おきに桑の葉をあげたり、温度調節などお蚕さんのお世話はまるで新生室の赤ちゃんのようです。まさに助産師だった祐里さんならではのきめ細やかなお世話の賜物です。

養蚕とは

養蚕とはカイコガ科の昆虫、 蚕 かいこ が吐き出して作る繭玉から絹糸を作る産業のことです。 養蚕農家はエサとなる桑を栽培し蚕の幼虫を育てます。 その成長途中、幼虫が 蛹 さなぎ になるときに繭玉を作ります。 その繭玉の繊維から作られるのが絹糸です。

去年の養蚕と郡上市内で「ハハノテシゴト」さんで「枇杷の葉チンキ」を作ったり、マルシェを楽しんできたブログはこちら

郡上八幡は春養蚕と桑畑で桑の実(マルベリー)取り放題とマルシェで大賑わい

郡上産「白い風のショール」の物語 reiwa silk Japanが店頭に

去年完成した郡上産シルク100%ショールが今年郡上たにざわ呉服店で店頭販売されることになりました。人間国宝 宗廣力三氏の郡上紬が展示されています。私も郡上にいったときに何回かお店に伺いました。

私は去年ご縁をいただき真っ白なreiwa silk Japanの郡上産シルク100%ショールを手元に。あの蚕産達が吐いた繭から紡がれた糸がたくさんの人の手をつないできたと思うと感慨深いものがあります。

今年のショールはピンクやブルーなど可愛いショールがあるそうです。

織った人は障害福祉サービス事業所「みずほ園」さをり織りの青木仁美さんぜひ郡上に行った際はご覧になってお買い上げくださいね。

去年郡上八幡の繭を使ってシルク100%ショールが福祉施設で織られて完成したブログはこちら

郡上産「白い風のショール」の物語 reiwa silk Japan

回転蔟、木枠(かいてんまぶし、きわく)に蚕さん営繭(えいけん)

木枠にお蚕さんが営繭(えいけん)するための作業を祐里さんが説明してくれます。綺麗な繭がたくさんできています。

お蚕さんは自分で繭を作る場所を決めて中に入っていきます。

木枠にお蚕さんをそっと乗せてあげるのもお仕事の一つです。後はお蚕さんが好きな場所に繭を作ってくれます。

星宮神社は妖鬼退治の伝説 神聖な奥の滝

ぜんそくや眼病に御利益があると言われる神社で、高賀振興の広まりをきっかけに、本尊として虚空蔵菩薩を祀っています。願いが叶うよう左鎌を奉納します。

主祭神  
      明星天津神(みょうじょうあまつかみ)
      雄角明神(おづぬみょうじん)

星宮神社は山と川の中の気持ちの良い神社

神社の奥を少し歩くと苔むした鳥居と滝が川に流れ落ちる空気が変わる場所

円空仏がある水汲み場で新鮮な清水をいただく。郡上ならではの隠れスポットか。さて、次は郡上市内で日本茶専門店で美味しい甘味と抹茶を堪能しに移動します。

〒501-4102 岐阜県郡上市美並町高砂字坊切1252番地の1

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら