オレンジカフェ(認知症カフェ)は誰でも参加できます!東洋医学の養生とツボでセルフケアの話

4月1日新元号が「令和」と決まった午前中、私のスマホその電話は鳴ったが私は出るのを迷った。見覚えのない電話番号だったからだ。

少ししてから折り返し電話すると元気な声の金沢市地域包括ケアかみあらや担当の方から、4月16日火曜日のオレンジカフェ講師の確認だった。

「資料があれば10日までに送ってくださいね!」「資料必要ですか?」「その方がわかりやすいかなと思って」「・・・」

資料今から何か作るか?東洋医学の養生のお話とみんなで楽しく自分自身の身体のツボを触ってセルフケアです。

「オレンジカフェかみあらや」

日時 4月16日火曜日 13時から15時

場所 会館えがお 金沢市上新屋1−39やすらぎホーム隣

参加費 無料(飲み物・お菓子付き)

講師 エクラ鍼灸院 島田ひろみ 「自分のカラダをセルフケア」

問い合わせ先 金沢市地域包括支援センターかみあらや 電話269−0850

はあー、緊張するかもしれないけど、もあのわメンバーも一緒だしきっとうまくいく!

オレンジカフェってご存知ですか?

オレンジカフェとは、認知症の患者や家族、地域の人などが集まり、情報交換をしたりおしゃべりを楽しんだりする場のこと。専門家のアドバイスも受けられるコミュニティです。金沢市地域包括支援センターは市内に19箇所あります。それぞれオレンジカフェを開催しています。料金はそれぞれ違いますが無料から数百円程度でお茶とお菓子をいただきながら二時間くらい過ごします。

金沢市地域包括支援センター

誰でも

認知症について知りたい 認知症かどうか心配 認知症の介護について知りたい

認知症がある人にとって

ちょっとした手助けで自分のしたいことができる活動の場

介護中の家族にとって

近所や友人、親類等にも言えない介護者の気持ちを話せる場・相談の場

地域ボランティア、専門職にとって

認知症であってもできることもたくさんあることを知る、家族の悩みを聞くことで具体的に理解でき、地域での支援につながる体験の場・学びの場

私も以前に一度参加させてもらった時は、参加者全員でお正月の門松作りを楽しんだり笑いヨガも初めて体験していい機会でした。

私も参加者さんに楽しかったと言われたいな。

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら