2020名古屋聡明はり灸治療院聡子先生のマタニティ鍼灸勉強会全5回金沢にて無事終了(主催者個人的忘備録)〜人と人の繋がりと自分と繋がることの大切さ

金沢市太陽が丘 健康で輝く女性のためのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。

49歳で鍼灸師を目指して52歳で鍼灸師になって今年で5年目。鍼灸専門学校の卒業と同時に石川県の女性鍼灸師で作る【チーム鍼灸】に参加し女性ならではの子育て支援を行ってきました。

【チーム鍼灸】は現在【もあのわ】女性と子供たちを鍼灸で応援❤️と改名し、より活動内容をわかりやすくしましたよ。

マタニティ鍼灸をもっと勉強したい

女性に寄り添いながら鍼灸でサポートする活動を通して、女性ならではの妊娠・出産・育児は自分もそうであったように、本当に周りのサポートなしでは成し遂げることが難しいと思いました。

そんなマタニティ時期を鍼灸師としてサポートするためには、産科の知識も必要ですし妊娠時期の身体の状態もよく知っておく必要があります。

若いママ鍼灸師さんたちは自身のマタニティ時期を鍼灸で乗り越え、産後の体調やお子さんにも鍼灸で対応されて実際の知識と経験があります。

私は52才で鍼灸師となったので、そういった経験からくる自信もなかったので知識をまず勉強したいとおもったのです。

2019名古屋聡明マタニティ勉強会に1年間全7回参加

去年、岐阜県郡上の助産師で鍼灸師の加藤祐里さんが以前に「聡子先生のマタニティ勉強会に行ったらいいよ」と言ってくれたことを思い出しました。

名古屋まで毎回通うのは大変でしたが、毎年満席で人気の勉強会だということ。そして何度も再受講する人がほとんどというなんとも不思議な勉強会でした。

そして、そこで私が知識や経験や参加した仲間との関係は、とても有意義で感慨深いものがありました。

2020金沢に聡子先生を呼んじゃう?

聡子先生は名古屋で産科病院内で鍼灸を施術し、連携病院は4病院もあったこともあり、現在はチーム聡明というグループで妊娠中産前産後を鍼灸で20年近くサポートしているスペシャリストです。

そして聡子先生の勉強会は少人数でひとりひとりに寄り添ってくれる勉強会でした。

いつだったか聡子先生の勉強会に通っていると祐里さんと話していて「聡子先生を金沢に呼べばいいよ」と言われ、そんなことができるのか!と恐る恐る聡子先生に依頼すると「行きますよ!」と即決でお返事をいただきました。

そうか!みんなも受講したいよね!と早速もあのわメンバーに話をすると県外からも参加者があっと言う間に決まりました。

マタニティ勉強会開催準備にヘロヘロ

先生をお呼びしての勉強会なんて今までやったことがない私。

聡子先生も内容や料金などいろいろ考慮してくださり、私も仲間にいろいろ相談や協力してもらいました。

参加者も定員をオーバーして名古屋の勉強会に参加してもらったりするなどお願いしました。

会場もお灸が使える会場探しに本当に苦労しました。第一回は3月春休み中ということで平日でも金沢医療技術専門学校では実技室を借りることができました。

第二回以降の場所探しで、元美さんの紹介で中村町善隣館を借りることができホッとしました。学校や善隣館への依頼、ご挨拶、下見、機材の確認など何度も足を運びます。はっきり言って大変でした。

そしてコロナ下での開催

そしてなんと年明けのコロナです。予定していた会場は使えなくなり、やっと特別に使用できるようになったと思ったら、他の行事で以前のスペースより狭くなってしまったりと何度も調整が必要でした。

石川県は感染がまだ少ないといえ不安な気持ちでしたが、聡子先生からは状況を判断していつでも中止する前提で、感染予防をしながらの第一回を開催しました。

人と会わない状況が続き、久しぶりに会う参加者さんとソーシャルディスタンスの中、やっと心が触れ合う時間を持つことができました。

人と人の繋がりの大切さを感じる

今回のマタニティ勉強会は参加者のほとんどが【もあのわ】メンバーというのもあって、気心もしれた仲間で最初から和やかな雰囲気。毎月もあのわ勉強会で会っているので話も早い。

コロナで不安と緊張を強いられた中での開催に誰1人反対などなく、静かにその日を迎えることになった。

久しぶりに会う仲間に空間に、聡子先生をみんなで迎えること、あらためて人と人の繋がりの大切さを感じる1日になりました。

なぜか必ず妊婦さんがいる

毎回この勉強会では妊婦さんがいます。もちろんマタニティ鍼灸なので実際の妊婦さんに施術できることはとても勉強になります。また妊婦さんも鍼灸師なので実際に受けることで患者さんの気持ちにもなれるのでお互いとても有意義だと思います。

今回も勉強会途中で妊娠されました。素晴らしいことですね。

お陰で毎回妊婦さんへの施術が出来ましたし、この方も聡子先生に施術してもらえて嬉しいと言っていました。ありがとうございました。

1人で抱え込まず助けを求めた

細かなお弁当の手配や集金など全部1人ではできないこと当日の会場準備などみんなにお願いして助けてもらいました。

なんでも1人で抱え込んでやってしまう癖があったのですが、今回は無理!と早々にみんなにお願いしました。

最終回は町家で宿泊打ち上げ

最終回は渡辺先生夫妻が宿泊されるとのことで、参加者も一緒に宿泊できる所を探しました。

一軒貸切の東山近くの金澤町家がちょうどgotoで安く泊まれて、クーポンももらえてとても良かったです。

古い町屋を改装したお洒落な町家でしたよ。

私は定員もあったので泊まらず少し話をして帰りましたが、朝の3時までずっとワイワイ話が盛り上がっていたそうです。

朝もチェックアウトの手続きも兼ねて訪問し、皆さんで準備した美味しい朝食をご馳走になりました。実はこれがお目当てでした。

大人の合宿はなんだかとっても楽しくて、みんなも喜んでくれたのが嬉しかったな。

翌日は東山散策や白山さんや近江町市場など観光も分かれてできました。

次回はオフ会だ!

今回の参加者からも聡子先生も是非オフ会をやりましょう!と嬉しいことに話が盛り上がっている。

来年、また主催をやろうかな?って思っている私がいます。

人との繋がりに感謝 そして自分と繋がることの大切さ

今回の聡子先生のマタニティ鍼灸勉強会の内容については、またあらためてブログに書きたいと思います。

聡子先生やサポートしていただいた聡子先生の夫様、勉強会の開催を推してくれた祐里さん、参加してくれたみんなに感謝しています。

人と人が繋がってできたこの勉強会は最初はみんなのためにと思って開催しましたが、自分自身と繋がることの大切さを学び、みんなが喜ぶことが自分の喜びなんだと再認識しました。

参加したひとりひとりが1人の女性として、迷いながら悩みながらも自分と繋がり変わっていく姿を見ながら、自分もここでみんなと一緒に変われたのかなと密かに思っています。

そしてみんなに助けられながら、最後までやり切った自分を褒めてあげたいです。ありがとう!みんな!大好きだ!最高の笑顔です!

この記事を書いた人

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら