夢みるようなふんわりフリフリパンジー 来春のために秋冬にパンジービオラを植える訳 

金沢市太陽が丘 健康で輝く女性のためのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。

クライアント様からお花のプレゼントを頂きました。

今回は【フリルパンジー夢見るパンジー】の苗を頂きました。ありがとうございます。

この子、パンジーの小輪で花びらがフリルで可愛い上に花の色がニュアンスカラーでグラデーションがとっても綺麗!!(表現の仕方あっているのか?)

秋冬にパンジーを植える訳は

寒さに強いパンジーやビオラは、花の少なくなる晩秋から春を華やかに彩ってくれるかわいい花です。

北陸では冬の間は雪に埋もれてしまったり、霜や寒風にあって縮こまり、枯れてしまったかに見えますが、春を迎えると再び花を咲かせ、こんもりと繁ります。

冬の間に根がしっかり張るので、春に植えるパンジーよりも花付きがよく丈夫ですよ。

今年はチューリップ球根を植え損ねた・・・

もたもたしている間に毎年前庭を彩るたくさんのチューリップの球根を買いそびれてしまった。

大きなホームセンターにいって店員さんに聞いても「もうありません」と言われる始末。

来年はいつもと違うガーデンになりそう

さて、来年の春の前庭のデザインを考えないと。品種改良された見目麗しいパンジーをモリモリに植えてみようか?

それもまた楽しいですね。

またお花が咲いたらブログでお知らせしますね。お楽しみに。

この記事を書いた人

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら