里山料理教室 常備菜とほうれん草と抹茶ティラミスは豆腐クリーム 金沢キッチンさん

金沢市太陽が丘 健康で輝く女性のためのエクラ鍼灸院 院長島田です。

今日は朝から気温も低く小雨がふったり晴れたりしています。

午前中は金沢市清水町にある「金沢キッチン」里山料理教室に参加してきました。

以前、無添加キムチ作り教室に参加して2度目の料理教室です。金沢キッチンは週末ランチやお弁当やオードブルなども配達してくれます。

常備菜3種

常備菜が冷蔵庫にあると食卓が彩り豊かになって、一品作るだけで、さっと食事の準備が出来上がります。

私が作る常備菜はレパートリーが貧相過ぎて、味も同じになったりしてなんだかいつもパッとしない。

クックパッドもいいけど、やっぱりちょっとしたコツや手順なんかも見て覚えた方がしっくりくる昭和生まれです。そして教えてくれる先生が好きなことも大切なこと。

ほうれん草のオムレツ キッシュの中身みたいなミンチとほうれん草がたっぷり

にんじんと豆腐のしりしり 無農薬のにんじんは味が濃い お味噌も味付けに

れんこんのスパイスマリネ 大人のれんこんきんぴらというかワインにもあう一品 れんこんの皮の黒は鉄分が滲み出てものなので、そのまま使うのよと順子先生。知りませんでした。

鶏団子汁

鶏団子もいつもはシンプルな鶏肉ミンチに山芋や塩麹を入れるとツルツルな肉団子になりました。

たくさん作って冷凍しておくと色々使えて便利ですよと順子先生。

ほうれん草と抹茶ティラミス風

スポンジに生のほうれん草を入れて、こんなに綺麗な緑になるんですね。

クリームも豆腐とマスカルポーネを使ってて優しい味です。

スポンジをそのままクリームを塗って、フルーツを入れて巻けばロールケーキになるそうです。

お孫ちゃんにも作って食べさせたいな。

食べたもので体と心ができています

忙しい毎日、時間に追われて1日が終わる。お腹が膨れればいい、お腹が減らないけど時間だから何かお腹に入れる。ストレスで甘いものが食べたくなる。それがなんとなく習慣になっている。

私もそんな生活をしていました。コンビニのおにぎりを買って、お昼ご飯は子供にお金を持たせる。

毎日疲れ果ててご飯を作る元気もなくなっていました。

なんのためにそんなに働いているのか?目的は子供たちを育てるためお金を稼ぐため。学校も大学も塾も部活でさえお金はかかります。

金沢キッチン順子先生と

お金があれば幸せになれる そんな価値観の中で生きていました。自分をすり減らして。

人生半世紀も生きてきて、東洋医学や鍼灸師としても、やっと食の大切さを身に染みて感じています。

はっきり言ってお料理は苦手です。

鍼灸を始めて本来の自分の体の感覚に目覚めていくように、味覚も自然なものを取り入れていくと本来の体と心が喜ぶことに気がつきます。

まずは自分がやってみることから少しずつ始めています。

この記事を書いた人

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら