5年目の梅仕事 今年はじめて梅をもいでみたら大変だった2022

金沢市太陽が丘 健康で輝く女性 あなたのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。

毎年梅はお店やポチで買いますが、今年は梅を買いに金沢市森本の山奥「ととの里」にいきました。

案の定、道に迷いましたがなんとか辿り着きました。

脚立とカゴを渡されて、1人で梅をとる

初めて梅の実を取ってみましたが、これが地味にきつい。下の方の実は既に小さな子供たちが取ったあとで高いところにしか残っていない。

葉っぱや枝に邪魔されて、一個一個梅の実がなかなか思うように取れない。

手に取ったら、いちいち降りてカゴに入れる。全然捗らないったらありゃしない。

梅の実も傷がないものを選んでいたら時間ばっかりかかるので、手当たり次第取れる実を取っていく。

どれだけで何キロあるのか見当もつかない
梅の実
今年の塩は長崎の浜御塩

お店で買ってあった梅3キロと、ととの里で5キロの合計8キロの梅仕事が始まる。

なんでいつも予定より多くなるのか。。。2キロは梅サワー、1キロは梅ジャムを作ってみよう。

結局今年も5キロ梅干しを漬けることになった。20日位で水が上がってくるのを待ちます。

今年は茶トラのコパンが見守る中

さて、今年の梅仕事が始まりました。茶トラ♂コパン君も塩漬けを見守ってくれています。

梅仕事は手早く次から次へと続きます。ちゃっちゃっとやらんとね。

この記事を書いた人

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら