風情ある金沢東山で国分佳代先生の季節の書のレッスンはいろいろ素敵すぎる

金沢市 輝く女性のためのエクラ鍼灸院 院長島田です

さて3月24日日曜日怒涛の最後のミッションは、国分佳代先生の書のレッスン

国分佳代先生は金沢生まれの東京在住ですが、年に数回金沢と富山で教室開催あります。いつも人気ですぐ満席になってしまうので今回もすぐ申し込みました。と言っても、そんなかた苦しいものではなく筆を持つのは年賀状とこのレッスンのみという私でも楽しめます。その代わり、この2時間は筆が思うように動かないジレンマと戦う時間となります。佳代先生はその人のレベルに合わせて教えてくれるのでみなさん楽しそうです!

国分佳代hp

エステティックアンジュ石川県金沢市東山2丁目6-25

201903アンジュ

金沢教室は何箇所かあるのですが、今回は東山のアンジュさん

201903アンジュ1

観光客が溢れる中心から少し外れた住宅の中にひっそりとあります。もちろん駐車場はないので近くのパーキングに停めます。お庭には紅白の梅が雪吊りされて風情があります。

いつもはお昼の教室に申し込むのですが、今回は25日にパステルアート教室に行きたかったので夜の部に変更しました。ちょうど空きがあったので変更できてよかった。

国分佳代さんの書は女性らしくてたおやかで美しいのですが先生もとても可愛くてチャーミング!かと思えば「私はアメとムチをつかいますから!」と言って指導があったり、ほとんどアメですが。

毎回季節のテーマや漢字や万葉集からのひらながなど選ぶのも迷いながら楽しいひと時です。

2019国分佳代レッスン

今回は「鶯花海」おうかのかい うぐいすが鳴き花が咲き春めいたのどかな様子を海に例えた言葉

201903おうかのかい

書く文字を決めたら佳代先生にお手本を描いてもらって、後はひたすら練習あるのみ!時々佳代先生が回って教えてくれますが、書けば書くほど見えてくる世界が楽しい。自分のダメさに打ちひしがれながらも少しは上手く書けるようになったんじゃないかという自己満足に最終的には落ち着いたり限界だと諦めたり。いろんな葛藤と戦う時間でもあります。

201903吉はし

残り30分前には東山吉はしの上生菓子と煎茶で一服と最後の仕上げに入ります。昔は吉はしさんはお茶会での注文しか作ってなくて、吉はしの上生を食べるというのは一つのステータスでもありました。お店もなかったからもう幻のお菓子でした。今はお店もできて店舗売りのお菓子もあって、誰でも注文すればお菓子を作ってくれます。

吉はし 石川県金沢市東山2−2−2

今回は「山里」万葉集からの先生の注文です。大変美味しゅうございました。

次回も楽しみです。

 

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら