冷えのぼせの季節です 朝から足にお灸と梅酢白湯で温めます 毎日にちょっとの変化を

金沢市太陽が丘 女性のためのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。おはようございます。今朝は早くからブログ書いているなんて珍しいことが起きています。朝は苦手なんですよね。

6月に入りましたね。気温も朝からグングン上がってきました。日中はもう夏?の兆しさえ感じる日です。

こんな気温が高くなってきているのに【冷えのぼせ】とは?

いやいや気温が高くなってきたからですよ。

私たちは自然の中で生きています。そして私たちは自然の一部です。

自然の移り変わりの中で私たちのカラダも移り変わっているのです。

気は熱を持つと上がる性質を持っています。どんどん上に上がっていっています。

で、足元はどうでしょう?ひんやりしていませんか?触ってみてください。

足元は冷えているのに気がつかない

今朝の私の足もひんやり冷えて、むくんでいます。何やら胃ももたれている感じがします。

昨日煎餅を寝る前に食べ過ぎたせいでしょうか?

上がった気は足が冷たいと降りて行きにくくなり、上に停滞します。気が巡らないと足元は冷えたままです。

現在の生活は気が上がりやすい

ただでさえ現在の生活は、パソコンだ、スマホだ、YouTubeだと目や頭を使うことが多く気が上りっぱなしです。

そういう時は意識が上にばかりあるので、足元に意識が向かないので足に怪我をすることがよくあります。

私もよくあります。あいたた!ってやつです。その時は、やはり気持ちがどこかそぞろです。

上がった気を降ろす 簡単にできる深呼吸

腹(丹田)に気をためて、地に足をつけグランディングし、目を閉じて深呼吸をゆっくり続けましょう。

私はセルフお灸でじぶんメンテナンス

カラダが重い、確かに体重も増えたままです。気分もいまいち。

そんな時はお灸です。

今日は気のむくままいくつかお灸をすえました。

お灸のあとは梅酢白湯で水分とミネラル補給

お灸で気が巡ったら、かならず温かい飲み物で水分を補給してください。

今朝は去年作った梅干しの梅酢をお湯で割って飲みました。

水分とクエン酸と天然塩でミネラルも補給できます。

レッグウォーマーと腹巻や足湯も

簡単にできることをお勧めします。レッグウォーマーや腹巻は冬にするものと決めつけていませんか?

カラダの変化に気づいてあげませんか?冷たいところは温めてあげましょう。

お風呂にゆっくり入れないという方には足湯がおすすめです。

今までと同じ生活(ココロ)じゃカラダは変わらない

本当にカラダを良くしたいと思っていますか?なんとなく?わかりやくい例えでいうと

良く鍼灸で痩せますか?と聞かれます。

血流が良くなって代謝も良くなるし、ストレスを食べることで満たしていた人は過剰な食欲は落ち着きます。

結果体重が落ちやすくなることはあります。

でも、太った原因はなんですか?

ここを理解して変えていかないと難しいです。

老化で代謝が落ちるのはみんな同じです。運動や筋トレは必要です。

過食の原因のストレスはなんですか?私なんかは同居ストレスがありましたね。

鍼灸や東洋医学では、養生(ようじょう)が大切といいます。

もちろん鍼灸で自律神経のバランスやカラダのエネルギーを整えることはできます。

でも、一番大切なのは毎日の生活の仕方、ココロのあり方です。

カラダを変えたい(痩せたい)という人は、今までの生活を少し変える勇気を持ってください。

今までの生活と同じでは何も変わらないのです。できることをほんの少し変える勇気が必要です。

さあ、今日も1日始まります

今日はどんな1日になるでしょう?いつもと変わらない普通の日常ですか?

いつもと同じ変わらない日常の大切さ

感じています。ありがとうございます。感謝。

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら