6月エクラの家庭菜園②〜地面を這うきゅうり

金沢市太陽が丘 女性のためのエクラ鍼灸院 ひろみ院長です。収穫して食べるってワクワクする。

ちゃんと土づくりをやって土壌ph(酸性度)を調整したお陰でしょうか?去年とは全然違う家庭菜園です。

6月エクラの家庭菜園①〜まずは土壌の酸性度を調べるブログはこちら

きゅうり栽培のポイント

去年プランターで初めてきゅうりを植えましたが上手くきゅうりがならず、病気になってしまったようです。

①土は安価なものを使わずに野菜用の土を使う

②地植えの場合は元肥と堆肥を混ぜて、土壌の酸性度を計測し石灰を植える1〜2週間前に入れて耕す

③苗は病気に強い接木を選ぶ

④苗を植えてから2週間後に追肥を施す

⑤水切れを起こさないように朝(夕方)たっぷり水をあげる

⑥支柱を立てて麻紐などで誘引し、ネット等を張る

⑦あとは天に任せる

地面を這うきゅうり

今年はちゃんと土壌の酸性度を計測して石灰を撒きました。去年の土に元肥も野菜の土も混ぜてきゅうりの苗を5月連休に植えました。

他の庭仕事に油断していたら、わかりにくいですがきゅうりさんが地を這っています。

大きくなると支柱に誘引してあげないとこうなります。ごめんなさい。

現在はちゃんと支柱も大きくしてネットも張ってあります。そして、小さいながらも今年のきゅうり初出荷!パチパチパチ!

採れたてきゅうりのトゲトゲは新鮮な証拠ですね!毎日ほうれん草も間引きしながらお味噌汁の具にしています。

新鮮で安全な野菜が食べたいと思ったら、苗を植えて種を撒けば、ちゃんと自然や大地は答えてくれる。

感謝して美味しくいただきます!

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら