春分の日 美濃和紙「花鳥」と「平安絵巻」幸せを呼ぶハッピーセット知ってます?

金沢市太陽が丘 健康で輝く女性のためのエクラ鍼灸院 院長島田です。

今日は春分の日ですね。エクラは本日営業中で午前中にお母さんと一緒に娘さんも施術されました。

先週親戚の結婚式に留袖と振袖で出席された写真を見せていただきました。

やはり日本人はお着物がいいですね。豪華絢爛な金色の帯に加賀友禅の黒留袖の優雅な絵柄と娘さんの晴れの日のような青地にピンクの古典花柄がお着物いっぱいに描かれていました。

お二人ともとても似合っていて素敵でした。

花鳥風月繋がりでエクラ玄関も華やかな美濃和紙を飾っています。

エクラ玄関の絵は美濃和紙「花鳥」と「平安絵巻」

数年前に「うだつのまち美濃」に女性鍼灸師仲間で遊びに行った時に、案内をしてくれた加藤さんが教えてくれた【山根 和紙の店 美濃和紙のハッピーセット】を購入しました。

ハッピーセットと聞いて、マクド○ルドしか思い浮かばなかったのですが美濃には、幸せを呼ぶハッピーセットがあると初めて聞きました。

玄関の光が反射しています。

1995年頃から「花鳥」と「平安絵巻」の二つの図柄が、各地のお客さまの不思議な体験とその実績から、幸運をもたらし不幸を追い出す縁起の良い絵として、特に経営者やセールスマンの間で評判になり、何時の間にか「ハッピーセット」と呼ばれるようになりました。

一般に「花鳥」の絵は「善いこと」を吹き出し、「平安絵巻」の方は「悪いこと」を吸い取るといわれ、「陽と陰」とか「火と水」とかその他「日 月・慈 悲・ホワイトホール ブラックホール・弥勒菩薩 地蔵菩薩」のように宇宙の対照する事象の根源のパワーを出していると体感された方々が多く、今では全国各地はもとより外国からのお客様も多くなってまいりました。

山根和紙hp

美濃和紙とは1300年の歴史をもつ日本三大和紙

美濃和紙(みのわし)とは、岐阜県美濃市でつくられてきた和紙。福井県の越前和紙、高知県の土佐和紙と並び「日本三大和紙」のひとつに数えられる。

本美濃紙、美濃手すき和紙、美濃機械すき和紙の大きく3種類があり、本美濃紙の手漉き技術は2014年(平成26年)にユネスコ無形文化遺産に登録されている。

良質な原料と長良川や板取川の清流に恵まれた一帯の和紙づくりは、1300年以上前に遡る。奈良の正倉院には702年に美濃和紙でできた戸籍用紙が所蔵されており、日本最古の紙とされる。(日本全国工芸百科事典より)

皆さんも一緒にハッピーで

皆さんにとってのハッピーとはなんでしょうか?

宇宙法則からすると、それは一見ハッピーではないように見えることも後になって、ああ、あれはハッピーだったんだと思うこともあるかもしれません。

陰陽もどちらもあってハッピーです。それぞれのハッピーがありますように。

山根 和紙の店 岐阜県美濃市泉町1891-1

当店では 国の重要無形文化財技術保持者による 本美濃紙をはじめ全国から集められた 手抄和紙・手染め和紙・加工和紙 通産大臣賞その他 各賞受賞の 和紙工芸品等を 取扱っております

山根和紙hp

この記事を書いた人

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら