金沢だけ?こんかにしん(ニシンの糠漬け)食べたことありますか?

金沢市太陽が丘のエクラ鍼灸院 院長ひろみです。クライアント様から美味しいものや旅行のお土産など時々頂きます。今日は「コンカニシン」糠漬けのいい匂いがしてきます。写真は地味ですが。

金沢では、「米ぬか」のことを「こんか」と呼ぶことから「こんかにしん」と言われています。「へしこ」とも言われています。

また、にしん以外にも鯖、イワシ、ふぐ、ぶりなど色々あります。冬の長い北陸は漬物の技術に優れ、糠漬けは冬の保存食とされていたそうです。

今では手間暇がかかって高級珍味ですね。薄くスライスして、そのままお茶うけやお酒のアテには最高です。軽く炙っても美味しいです。

ニシンに付いている糠をちょっこし(金沢弁で少し)食べたら、まんで美味しかったわ!

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら