あなたは何の種を撒きますか?

金沢市太陽が丘 輝く女性のためのエクラ鍼灸院ひろみ院長です。梅雨入りした金沢です。今日も朝から気温も低くシトシト雨が降っています。しっとりと肌に纏わり付くひんやり感を少し寒いかなと感じつつ、雨が嫌いではない私。

部屋の中から外を眺めながら、水やりから解放された時間をボーッと過ごす。

いろいろ種を蒔く

今年はいろいろ種を撒いた。去年クライアントさんからいただいた種も大切に保管して、今年地面に蒔いて見た。

ほうれん草

初めて菜園に蒔いた「ほうれん草」根切虫に3分の1くらいやられたが、スクスク育ってくれた。

ほうれん草

小松菜

ほうれん草がもう食べ尽くして終わりかけているので、調子に乗って小松菜を蒔いた。芽が出てきたところ。

小松菜

バジル

これは良く料理に使えるので毎年撒いているバジル。摘みたてフレッシュバジルは香りが最高。

バジル

サザン原坊のあさがお

今年もサザン原坊の朝顔の種を撒いた。朝顔の双葉は何とも可愛らしい。なぜなぜしたいほど。

サザンオールスターズ原坊の朝顔

クライアントさんにもらった種2種

去年それぞれエクラ鍼灸院のクライアントさんからもらった種。あー名前がわからない。また確認しなきゃ。

可愛い草花 名前を忘れた クライアントさんにいただいた種
夏のグリーンカーテン用 名前忘れた クライアントさんにいただいた種

ある日突然芽が出る驚き

硬くて小さな種をパラパラ蒔き、何もない土に水やりを毎日していると、ある日突然変化が!!

土がもこって盛り上がっている!何やら小さな芽らしいものが!!

数日経つとあちこちから!わあ!となる。

みんなそれぞれ違うよ

不思議だけど、当たり前と言われるけど、あんなに小さな黒くて硬い種にこんな力があるんだなー。

葉っぱもみんな違うし、大きくなる子もヒョロヒョロの子も。芽が出ない子も。

みんな種を持っている

人はみんな種を持って生まれているらしい。ひとりひとり違う種。

価値観なんてそれぞれ、自分が正しいなんて奢りだと気づかせてもらったあの日。

ガラガラ音を立てて何かが崩れていった。今まで信じていた自分自我。

そう気づいた時から、とても生きやすくなった。

今日も私は種を蒔く。

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら