「WABARA」レッスンで、「わばら」まみれ!「花でお腹はいっぱいにならないけれど、こころはいっぱいになる」 花栽培農家さんへの応援とご自愛

金沢市太陽が丘 輝く女性のためのエクラ鍼灸院ひろみ院長です。2ヶ月ぶりのお花レッスンにアトリエコジー三四子先生のところへ。

それも以前から受けてみたかった初めての「WABARA」レッスン🌹🌹🌹今回もちかさんと一緒です。

WABARA ローズファームケイジは有機の生きたバラ

薔薇好きな人は知っているWABARA は滋賀県にあるローズファームケイジで栽培されています。

ずっと前から一度は農園にも行ってみたいと思っています。

コンセプトは「生きたバラを作る」WABARAは「たおやかな日本の女性のイメージ」

風にたなびく、野に咲く花のようなばらを育てたい。

「花でお腹はいっぱいにならないけれど、こころはいっぱいになる」

毎日声をかけたくなるような「いのちを感じる花」。
花瓶に挿してからも生き続け、日ごとに表情が変わっていくばら。

お部屋に一輪あるだけでも、心がほっと安らぐ、そんなばらを目指しています。(ローズファームケイジHPより)

アトリエコジーに送られてきたバラたちは輝いてます

WABARAレッスン始まります

今回は私がお願いしたのは「ピンク」「香りあり(中輪)」「スプレー咲き」です。15本(枝葉2本付き)

見てください!このバラたち!私のアイフォン8のしょぼいカメラで撮ってもこのオーラ✨

・わか ・葵 ・葵〜風雅〜 ・はるか ・つきよみ ・京 の5種類です。

もうどれがどれでも構わない!(三四子先生の話が入ってこない)テンション上がりっぱなしです。

ちかさんが撮ってくれる必死な私

なんとかできました!手前は私で奥はちかさんです。ピンクのグラデーションが綺麗!咲き方もそれぞれ個性的です。

そしてなんと言っても薔薇の香り。。。うっとり。

これはちかさんが束ねた・葵〜風雅〜のみ15本と枝葉2本 スプレー咲きなのですごいボリュームです。

なんとも言えないニュアンスカラーの蕾と咲いた薔薇の色が変わっていきながら、何これ!咲き方がプリティすぎる!ちかさんにぴったりですね。

私の薔薇たち。5種類どれも美しい。香りが届くだろうか?この幸福感に包まれて眠りたい。

最後に黒のラッピングされた薔薇たち。グッとシックで大人な表情を魅せる。私もこんな女性になりたいものだ。

花栽培農家さんを応援

石川県の緊急事態宣言#ステイホーム期間で、個人経営はどこも多変です。なるべく出費を抑えてテイクアウトもせず毎日外出を控えて食事は自炊です。

そのためクライアントさんが来ない治療院に高価なWABARA達を迎えることに少し迷いがありました。でも私の大好きな花を栽培してくれる農家さんを応援するつもりで注文しました。

それは自分を大切にすること

いつも感じますが誰かのために誰かを応援するためにと行動することは実は自分のためなんだと。

「花でお腹はいっぱいにならないけれど、こころはいっぱいになる」

今日おいでいただけるクライアント様に喜んでもらえる!

そして、毎朝WABARAたちの水換えをしながら触れ合い香りを確かめる毎日が何より嬉しい。

大切に大切に育てられたWABARAが、私のこころをいっぱいにしてくれました。元気をいっぱいもらいました。

薔薇にまみれて女っぷりも少しは上がった気がします。

ありがとうございます。感謝。

この記事を書いた人

島田ひろみ

島田ひろみ

エクラ鍼灸院 院長 島田ひろみです。エクラとはフランス語で『輝き』 女性が輝くために東洋医学はりきゅうで身体とこころをサポートします。
当院はささないはりと熱くないお灸を主に使用しますので、初めての方も安心です。

詳しいプロフィールはこちら